ネガティブなスタートからでも働く時は明るい笑顔で

普通の女の子が風俗で働きたいと思うきっかけは「留学したい」などというポジティブな目的があって働く人もいれば「シングルマザーで家計が苦しいから」というネガティブな目的で始める人もいます。

 

 

 

風俗店では面接の時に必ずどのくらい稼ぎたいかということを聞かれるので、自分でちゃんと目標や目的を持って面接に挑むというのはいいことだと思います。

 

 

しかし、これだけは注意して欲しいことが。

 

 

 

ネガティブな目的で風俗で働くことを決めた方でも、せめてお店の中にいる時は暗い表情を出さずに明るい顔でいて下さいということです。

 

 

 

夫に逃げられてしまったシングルマザーの方、元彼の借金を背負ってしまい苦しんでる方。

 

 

本当に大変なのはよくわかります。

 

 

 

でも、風俗店は男性に幸せになって貰う所でもあるのです。

 

 

上記のような人達は男性のせいで苦しんだ人達ですから、男性不信になってしまっているかも知れません。

 

 

ですが暗い表情をしていたらお金は稼ぐことが出来ません。

 

 

表情が暗い子とか愛想がない子というのは、本当に可愛くてテクもある子でもお客さんが離れていってしまうのです。

 

 

 

稼いでる風俗嬢はみんなキラキラと笑顔が魅力的な人ばかりです。

 

 

時には待機所で泣いてしまっても良いですが、風俗店で働くからには明るい表情でいて下さい。