風俗の種類で働き方が変わってくるんですよ

はじめて風俗で働く人っていったい風俗という世界がどういうところなのかわからないということで不安がいっぱいだと思うんですよね。

 

 

特に風俗の世界というのは普通のサラリーマンとかと違ってあまり周りに経験者がいるということもないと思うので情報も少なくてどういう仕事をするのかということだったり、お店の状況などなどもわからず不安が強いと思うんですよ。

 

 

そこで今回は風俗店というのはこういうものだということを知ってもらおうと思うんですよね。

 

 

まず、風俗店の基本中の基本的な知識としてはやはりサービス内容について把握しておいたほうがいいかと思います。

 

 

自分が風俗嬢になったときにどんな仕事をするのかということも知らずに働きにいくなんてことになったら自分の考えていた仕事と実際の仕事があまりにもかけはなれていて辛くなってくる可能性もあると思うんですよね。

 

 

風俗店というのは今は非常に細かな種類に別れていてそれぞれのお店によって働き方が全然ちがってくるという事情があるんですよ。

 

 

全部説明しているとあまりにも長くなってしまうので割愛させてもらいますが、有名なものだけいくつか紹介したいと思います。

 

 

まずみなさんがご存知である可能性が高いソープという風俗店をご紹介しますね。

 

 

よく男性の話なんかを盗み聞きをしていたりすると「きのうソープいってきてさ、最高だったよ」みたいな話をきくと思います。

 

 

ソープというところは男性たちのあこがれのスポットなのでソープにいった男性がまわりに自慢するということがよくあるんですよね。

 

 

このソープというところはどういうところかというと、ローションなどを使ったマットプレイが最大の楽しみポイントとなっています。

 

 

つまりはソープで働こうとしている女性はマットプレイをするんだなということぐらいは頭にいれておいたほうがいいかと思いますよ。

 

 

そして次に紹介するのがヘルスといわれるもので、こちらも結構濃厚なエッチプレイをするところとして知られています。

 

 

基本的なサービスとなるのはフェラチオや素股、ディープキスなどといったものが中心になってくるのでヘルスで働こうとしている女性もそれなりの心構えが必要になるかと思いますね。

 

 

そして最後に紹介するのがライト風俗といいますか働く女性にとってはとても簡単な風俗で手コキ風俗やオナクラといったものがあげられます。

 

 

これらは先程のソープやヘルスといったものよりもライトなプレイに終始するので初めて風俗で働くという人でもやりやすいかと思います。

 

 

それぞれのタイプでお給料がかなり違ってくるので風俗求人などを見比べて給料と仕事内容どちらを重要視するのかということを考えておいたほうがいいかと思いますよ。